ビデオゲームが脳に与える影響10項目(良いこと悪いこと)

認可されたカジノの評価

ゲームをやりすぎると、脳はどうなるのか?【ゲームは何時間まで?】

海外の動向や研究結果をもとに、ゲームをやりすぎると「人はどうなるのか」を説明します。
ゲームの依存症や、具体的な脳の変化についても説明します。
その中には、ほとんど知られていないこともあります。

ゲームのやり過ぎで起こる10の症状について

ここには指や関節の痛みなど、当たり前のようなことが書かれています。
これらは、ゲームに限った話ではありません。
そして私たちが本当に知りたいことではないでしょう。

具体的に信頼できない項目

強い攻撃性と心の問題 ゲームによって、攻撃的な人格に変わることはありません。
ジュネーブ大学、ロチェスター大学の研究者らは否定しています。
彼らは暴力的なアニメ・ゲームが一番多い日本で、なぜ暴力事件が少ないのかという疑問を投げかけています。
オンラインゲームで他人と協力すれば、むしろコミュニケーション能力は育ちます。
「ゲームと暴力の関係」を客観的に調べる研究方法を確立するのは難しいでしょう。 視力への影響 前項のジュネーブ大学、ロチェスター大学の研究者らによって、ゲームが視力を向上させると判明しています。
日本でも研究されていますが、ゲームによる視力低下は否定されています。
近視を引き起こすこともありません。
ただしブルーライトの影響は、注意しないといけません。 ゲーム依存症 確かにゲーム依存症は、最も大きなリスクと考えられます。
しかしゲームを辞めてアルコールに快楽を求めれば、より深刻な事態になります。
睡眠障害など、具体的な症状についても疑問が残ります。
また、ゲーム依存症があるかについては、後述します。 光過敏性発作 光過敏性発作の要因となる強烈なフラッシュ演出は、古いゲームでも対策がされています。
もちろん、ゲームだけが要因ではありません。
最近では記者会見のフラッシュも、加工されるようになりました。
テレビは、なるべく明るい部屋で、画面から離れて見てください。
また最近では、スマホを含むカメラのフラッシュで引き起こされる可能性も出ています。 テトリス効果 近年では、テトリス効果のことをGTPと呼びます。
クルマの運転中にテトリスのブロックが落ちてきて、重大な事故を起こした事例をあげています。
これらの現象は、浅い睡眠時に起きやすいものです。
テトリスをプレイしていたから引き起こされたとは、考えられていません。
ゲーム依存症と、テトリス効果は関係がありません。 死亡 中国や韓国、アメリカなどで、ゲームによる死亡例が報告されています。
これもゲームに限った話ではありません。
長時間同じ姿勢を取ることで発症するエコノミークラス症候群や、心不全によるものです。
カフェ内の空気が悪く、病気を誘発した可能性も示唆されています。
現在、事故が起きたカフェでは、対策がされています。
日をまたぐような長時間のプレイは、監視システムによって禁止されています。

日本でゲームの死亡例がないのはなぜか?

(まだまだ)ゲーム先進国と言われる日本では、ゲームの死亡例がありません。
オランダ、中国、韓国、カナダ、米国などには、ゲーム中毒者に対応する治療用の施設があります。
アメリカの施設では、農業などに従事し、ゲームやインターネットと隔離されます。(中国では軍隊のような施設です)

ゲームのやりすぎは脳にどんな影響があるのか?

ゲーム依存症に注意

ある科学者は、1日2時間以上ゲームをすると、前頭葉が萎縮すると主張します。
前頭葉が萎縮するのは、依存症患者の症状です。
脳の前頭葉には、行動を抑制する機能があるため、この部位が萎縮すると、快楽のある行動を自分の意志で止めるのが難しくなります。

認可されたカジノの評価

ゲームをやりすぎることの最大のリスクは、この中毒性にあります。
ゲームに限らず、アルコール [※] 、ギャンブル、買い物でも、快楽の脳回路を刺激します。
この刺激を続けることによって、依存症になってしまいます。

近年のゲームには「課金」というギャンブルに近い要素もあります。
この場合、ゲームによる依存症なのか、ギャンブルの依存症かが分からなくなります。
身を削ってまで、ゲームをプレイするのであれば、明らかに問題です。

認可されたカジノの評価
オンラインカジノのレビューとレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: