初の決定!日本国内のオンラインカジノプレイは違法では無く「不起訴」となった。

認可されたカジノの評価

初の決定!日本国内のオンラインカジノプレイは違法では無く「不起訴」となった。

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。
彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。
引用:http://ameblo.jp/gamblelaw/

これまでのオンラインカジノの事件の問題点

初の日本国内のオンラインカジノプレイヤー逮捕

一気に、オンラインカジノは「違法」という解釈が進む。

逮捕されたプレイヤーは「罰金刑」

法的な判決はでないまま「オンラインカジノ=違法」とされた。

容疑者は1ヶ月近くも拘留され毎日取り調べを受けており、心身共に疲れ切っているはず。 しかも、オンラインカジノを国内から遊んだプレイヤーの判例は全くないので、争うよりは、数十万円の罰金を払って終われるのなら・・・となります。 警察や検察からすれば、裁判になれば判決がどちらに転ぶかわかりませんが、ここでの判断で罰金を選んでくれれば、労さずして「違法である」という向きの勝利を勝ち取れるのです。

海外において合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノにつき,日本国内のパソコンからアクセスしたという事案である。
この形態の案件は,従前検挙された例がなく,違法なのかどうかがはっきりしない状況になっていた。
賭博をやったのは認めるが,そのような状況で不意に検挙されたのが納得いかない,というのがその人の言い分であった。
引用:http://ameblo.jp/gamblelaw/

今回、罰金刑を受け入れず争った方のお陰で「本当の意味での結論」が証明されたのです。

オンラインカジノ業界にとって、本当に大きな結果が出た。

初の日本国内のオンラインカジノプレイヤー逮捕

一気に、オンラインカジノは「違法」という解釈が進む。

逮捕されたプレイヤーが「罰金刑」に不服申し立てる。

初の日本国内のオンラインカジノプレイヤーを正式起訴できるか判断が行われる

初めて争われた結果は「不起訴(無罪)」

この方が争った意味は本当に大きいものでした。 国内のプレイヤーが初めて逮捕された事で一気にオンラインカジノは違法であるという風潮が進みましたが、不服を申し立てて争った結果、「検察は正式起訴を行わず不起訴にした」という事。

結果が出たのは,間違いのない事実である。
本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。
言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。
引用:http://ameblo.jp/gamblelaw/

担当した弁護士は「賭博罪のスペシャリスト」

▲ 賭博罪のスペシャリスト「津田 岳宏」氏のプロフィール
所属事務所:京都グリーン法律事務所

認可されたカジノの評価

何が良い何が悪いは別として、人によって同じ事で対応が違っている、しっかりとした法律が無いグレーゾーンであったオンラインカジノに対して、この逮捕されたプレイヤーと担当した弁護士「津田岳宏」氏は「一石を投じた」と言えます。

認可されたカジノの評価
オンラインカジノのレビューとレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: