スポーツとそのボールの歴史

認可されたカジノの評価

fix SPORTS

スポーツを通して毎日が楽しい人生を

キンボールスポーツ

キンボールスポーツ

クラウドファンディング

みんなが主役!心に残るキンボールスポーツ世界大会を開催したい

キンボールスポーツとは

キンボールスポーツは、 直径122cm、 重さはわずか約1kgのボール(右画像)を使用します。

このボールを使った様々なプログラムがあり、
メインで行われるキンボールスポーツ・コンペティションゲームは、
4人1組で構成されたチームが最大20m×20m四方のコートサイズ内でヒットやレシーブを繰り返すゲームです。
また、ボールヒット前に必ず「オムニキン」という言葉と「相手チームカラー」を発声する特徴のあるスポーツです。

スポット動画

・コートの大きさは最大20m×20m四方の大きさとする。
・コートは正方形である必要性はなく、体育館の大きさ等に合わせて長方形でもよい。
・境界線としてラインをひく。

【4】ヒット権を得たチーム:
コートの中央で(ゲーム開始時・ピリオド開始時のみ)、ヒットチームのヒッター以外がボールを支える。
ヒット権を得たチーム以外の2チーム:
コート内に陣地の区分はないので、各チーム4名でコート内すべてを守れるように守備につく。

【11】
・点数制の場合、1チームが決められた点数に達した段階で最下位のチームが1チームが抜け、残り2チームで戦い、最終的に定めらた点数に達した時点でピリオド(またはゲーム)終了。公式ルールは最初の決められた点数:11点 最終的に定めらた点数:13点。
※時間等にあわせて奇数ならば変更してよい。
・時間制の場合、タイムキーパーからの終了の合図でピリオド(またはゲーム)終了。

<ヒット時>
・コンタクトミス:
ヒットの瞬間、味方のプレーヤー全員ボールに触れていなかった場合。
・コールミス:
正しくコールしなかった場合。
・ショートヒット(短いヒット):
ヒットしたボールがボールの直径の1.5倍、1.8m以上飛ばなかった場合。
・ダウンワードヒット(下向きのヒット):
ヒットしたボールが床と水平以上の角度で飛び出さなかった場合。
・アウトサイド:
ヒットしたボールが直接コート外に落ちた場合。
・トゥワイス(連続ヒット):
1人のプレーヤーが2回続けてヒットした場合。

認可されたカジノの評価

<レシーブ時>
・レシーブミス:
ボールが床につく前にレシーブできなかった場合。
・アウトサイド:
レシーブしたボールがコート外に落ちた場合。またはレシーブ時、両足がコート外にある場合。
・タイムオーバー(10秒ルール違反):
1番目のプレーヤーがレシーブのためにボールに触れてから、10秒以内にヒットしなかった場合。
・タイムオーバー(5秒ルール違反):
レフリーのホイッスル後5秒以内にヒットしなかった場合。
・ウオーキング:
3番目のプレーヤーがボールに触れたらその時点でボールに触れているプレーヤーとその後にボールに触れたプレーヤーは軸足を動かしてはならず、そのことに違反した場合。
・トラッピング:
ボールを両腕等で抱え込んで保持した場合。
・イリーガルキャッチ(違反キャッチ):
ボールのナイロンカバーや空気挿入口の部分を掴んだ場合。

<チーム(ベンチを含む)がアスリートらしくない行為をした時(故意に行う妨害、暴言、暴力など)>
・他の2チームに1点が与えられる。
・個人的な警告をマイナー警告(イエロー)2回またはメジャー警告(レッド)1回受けた場合、その個人は退場となる。交代選手を入れて続けるが、控えの選手がいない場合は当該チームは失格。その後2チームで試合を行う。
・チームで4回目の警告を受けた場合、当該チームは失格。その後2チームで試合を行う。

・ワールドカップ等の国際大会、3ピリオド先取
いずれかのチームが3ピリオドを先取した時点で試合終了
・ワールドカップ等の国際大会以外の大会では、ピリオドの数、試合時間および勝敗の決定方法(ピリオド先取制、総得点制、総勝ち点制など)はその国の連盟もしくは主催国の連盟が決めるものとする。
・日本では大会主催者がピリオドの数、試合時間および勝敗の決定方法を決めるものとする。
※日本の大会では現状7分または10分1ピリオドの時間制の予選を3ゲーム行なう場合が多い。

認可されたカジノの評価
オンラインカジノのレビューとレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: