スポーツに存在する暗黙のルール

認可されたカジノの評価

喜び方にも !? 意外と知らないスポーツ界の暗黙のルール 5選

喜び方にも !? 意外と知らないスポーツ界の暗黙のルール 5選

サッカーの暗黙のルール

サッカーでは選手同士が激しくぶつかり、そのままピッチに倒れ込んでしまうことがあります。
しかし、プレーが続行される中、タンカなどが入ることはできません。
この機会をチャンスと捉えるのではなく、負傷者を助けることを優先するのがスポーツマンシップというものです。

サッカーではこのような時、チャンスであろうとも、あえてボールを外に出すことで試合を止め、負傷者の救護の時間を作り出すのだそうです。
そして、何より素晴らしいのは負傷者が相手チームの選手であっても同様にボールを外に出すことがあるのです。
さらに、試合が再開されると相手チームのボールでスタートしますが、ここであえてボールを外に出し、元のチームにボールを返すのが「暗黙のルール」なのだそうです。

卓球の暗黙のルール

そんなスポーツにも実力差というものがあり、運も味方すると圧倒的な試合結果を呼び込んでしまうことがあります。
それが「完封勝ち」「ストレート勝ち」「パーフェクトゲーム」と呼ばれるものです。
しかし、卓球にはそれがないそうです。

卓球は1セット11点マッチ、3セット先取で勝利となります。
もし、ある選手が圧倒的に強くて10連続ポイントを取ったとします。
そのままの勢いで11点目を取れるとしても、あえてそれをせずに相手に1点を取らせるのだそうです。
その上で11点目を取りにかかり勝利するのが「暗黙のルール」なのだそうです。

バレーボールの暗黙のルール

野球の暗黙のルール

テニスの暗黙のルール

スポーツをしたことのあるみなさんは練習試合をしたことがありますよね?
テニスでも練習試合はあります。
ただ、プロテニスの世界では、世界ランキングが自分より上位の選手に練習試合を申し込むことは失礼に当たるようで。、かなり怪訝な顔をされてしまうそうです。

認可されたカジノの評価

いかがでしたか?
勝負の世界であるスポーツでも、相手のことを気遣う「暗黙のルール」から、よく分からないものまで様々です。
これまで特に意識せずに見てきたシーンも、「暗黙のルール」だと分かってみると、違ったおもしろさが発見できるかもしれませんよ。

認可されたカジノの評価
オンラインカジノのレビューとレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: