ビットコインの口座作成とビットコイン取得方法

認可されたカジノの評価

ビットコインアドレスとは? その意味と取得方法について

みなさん、どれくらいの ビットコインアドレス を持っていますか?

ビットコインアドレスとは ビットコインを送受信するためのアドレス で、銀行で言う 口座番号 のようなものです。

ビットコインアドレスの取得方法

ビットコインアドレスを取得する方法は 大きく分けて2つ あります。

1. 自分でアドレスを取得する

オンラインウォレットに秘密鍵も預けている状態なので、 サイトが閉鎖されたら全て終わり です。そして仮想通貨において、サイト閉鎖は全く珍しい話ではありません。
ローカルウォレットをダウンロードする

公式なものから非公式なものまで、「ウォレット」と呼ばれるソフトウェアをダウンロードし、自分でアドレスを発行してウォレットを管理する方法です。

認可されたカジノの評価

ただし、 「秘密鍵やバックアップを自分で管理する必要」 や 「ウォレットを開くためのID・パスワード」 があったり、保有するウォレットの数だけ「管理するリスク」があります。個人的には、マルウェア(ウイルス)やハッキングなどのリスクよりも、 「自分自身が管理する」というリスクのほうが比較にならないほど大きい と思っています。
ハードウェアウォレットを購入する

Trezor(トレザー)やLedger Nano S(レジャー・ナノS)などの ハードウェアウォレット を使うと、専用のウォレットサイトを利用することができます。そこでビットコインなどのアドレスを好きなだけ生成することができます(下の画像はTrezorです)。

2. 仮想通貨の取引所で口座開設する(オススメ)

番外編. 預けておけば増える FreeBitcoin で保管

FreeBitcoin(フリービットコイン)というのは、一時間ごとに無料でBTCがもらえる「フォーセット(Faucet)」と呼ばれるサイトで、そこのサービスの一つに “EARN BTC” というものがあります。簡単に言うと、預け入れたBTCに銀行預金のように金利が付与されるサービスで、2020年1月19日現在では年利4.8%の金利が毎日付与されるというものです。

ここで発行される “Deposit” のアドレスにBTCを入れておけば、1日1回金利相当分のBTCが複利で付与されます。

ウォレットの選び方:結論

コインチェック(coincheck)や Zaif のハッキング事件などがあり、取引所に仮想通貨を置いておくことのリスクに色々とネガティブなことを言う人がいます。

が、 「ごく普通の人には取引所の口座一番」 というのが結論です。 最終的には何を選んでもリスクのない管理方法はないので、どのリスクを許容するかという問題でしょう。

「コールドウォレットで管理しているんだ」と 言うことが目的 、みたいなものだと思っています。

ビットコインアドレスの特徴(注意点)

誰でも履歴を見ることができます

ブロックチェーン(分散型台帳)と呼ばれる仕組みの特徴そのものですが、 ビットコインアドレスの送受信記録は全世界の誰でも閲覧することができます。 隠すことはできません。

こういうこともできるので、ビットコインアドレスは他の人に教えてもいい 公開用アドレス と 保管用アドレス に分けるのが理想です。特に、仮想通貨取引所から割り当てられたアドレスは変えたり増やしたりできないので、 取引所の入金用アドレスは公開しない(誰にも教えない) というのも選択肢の一つです。

ビットコインが消失することも

世間では「セルフGOX」なんて呼ばれ方もしていますが、 操作ミスなどで自分の仮想通貨が消えてしまうこともあります。 そして、誰も助けてくれません。

これはBCHがBTCからハードフォークしたという固有の事情によるもので、 技術的にも取り出すのは不可能 とのことです。

最後に、アドレスの確認は慎重に

仮想通貨の世界は、 株式などの投資以上に「自己責任」の世界 です。自分の身は自分で守る必要があるため、特に送金については慎重に行ってください。

認可されたカジノの評価
オンラインカジノのレビューとレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: