マーチンゲール法の賭け方と損切りのタイミングを徹底解説!|オンラインカジノ比較ナビ

認可されたカジノの評価

マーチンゲール法の使い方と損切りするタイミングを見極める方法

オンラインカジノでよく使われる攻略法は、ただ使えばよいというものではありません。
当然ギャンブルで使うものですから、絶対はなく「必勝法」ではありません。
ですが、使う攻略法の特徴を理解し、使う方法やタイミングを工夫することによって「勝率を上げる」ことはできるでしょう。

1. マーチンゲール法と相性の良いゲームを選ぼう

  • 勝率が約50%で配当が2倍のゲーム
  • 「独立事象」のゲーム

勝率が約50%で配当が2倍のゲームとなると、ある程度絞られてきますが、代表的なもので言えばバカラやルーレット(賭ける場所により)があげられます。
また、 「独立事象」 というのが、前のゲームが次のゲームの結果に影響しない ことを意味するので、初めはルーレットの 「赤or黒」「奇数or偶数」 などに賭けるときに試してみると良いでしょう。

2. マーチンゲール法の使い方・手順

この攻略法の覚え方は 「負けたら次のゲームのベット額は2倍」
これだけですね。

まずは1ユニットの金額を決める

例えば、マーチンゲール法で1番初めにベットする金額が「1$」だった場合、この「1$」が基準となりますので「1ユニット=1$」となります。
ベット額の基準を上げたい場合は「1ユニット」の金額を上げれば良いわけです。
「1ユニット=5$」とすれば、基準を5倍に上げた形でスタートできるということです。

認可されたカジノの評価

最初の1ユニットをベット

負けた場合はベット額を倍にする

さらに勝負に負けた場合は、さらに倍の「4ユニット」
さらにさらに勝負に負けた場合は、また倍の「8ユニット」
という具合に、負けたらベット額を倍にしていきます。

勝った場合はベット額をリセットし1ユニットを賭ける

連敗していても1回勝利すれば利益確定

ただし、落とし穴があります。
負ければベット額を倍にしていくわけですから、当然連敗が続くと1回でベットする金額が急激に膨れ上がっていきます。
負けた時をのことを想定して、次のベット額が用意できない場合、マーチンゲール法のシステムは崩壊してしまうので、注意しましょう。

3. マーチンゲール法の損切りポイントは?

「理論上負けない」「1回勝てば利益確定」という言葉を聞いてしまうと、際限なく賭けてしまい、結局は大金を失うということはよくあることです。
特にマーチンゲール法は、たった1回の勝ちに依存するので、いわゆる 「ドツボにはまりやすい」 攻略法と言えます。

負けを想定して2回勝負ができない場合は切り上げる?

「損切りポイント」は完全に自己判断なので、はっきりいつという答えはありません。
ですが、一つの考え方を挙げるとすれば、
『今勝負しようとしているゲームに負けた場合、その次のゲームにベットする金額が足りない』
という状況であれば、もうやめた方が良いでしょう。

例えば、手元に100$が残っているとします。
連敗が続いており、今から参加するゲームでは40$をベットする予定。
もしこのゲームに負けた場合、残金は60$になります。
マーチンゲール法でその次のゲームに参加する場合、80$のベットになるので、この時点でシステムが崩壊します。
この状況になった時は、ゲームを切り上げるか、マーチンゲール法をリセットして1ユニットベットからリスタートする方が良いでしょう。

認可されたカジノの評価
オンラインカジノのレビューとレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: